目の下のくまやたるみに効果的な施術を知る|より輝く自分に変身

レディー

蒙古ひだを取る手術

目元に触れる女性

メリハリのきいた顔に

多くのアジア人は上まぶたの内側に蒙古ひだがあり、そのために目が小さく見えてしまいます。また末広型の二重まぶたが多く、くっきりした平行型の二重は少なくなっています。蒙古ひだがあると、一般に顔の表情が柔らかく、眠そうに見えます。目頭切開で蒙古ひだを取ることで、メリハリのきいた西洋人のような顔に近づけることができます。目頭切開をしても、目の大きさ自体を変えることはできません。しかし本来は目が大きいのに、蒙古ひだのせいで小さく見えている人は、ほんの1ミリほど切り開くだけでも、顔全体のイメージを大きく変えられるというメリットがあります。目と目の間隔が縮まるため、シャープな印象を与えたいときにも効果的です。

小さな手術で大きな効果

目元は人間の顔の中でも、最初に他人の視線が集まる部分です。目が小さいことをコンプレックスにしている方は少なくありません。目頭切開は小さな手術で大きな効果が期待できるため、人気の高い整形のひとつになっています。華のある顔にしたい方や、平行型の二重まぶたが欲しい方に適した施術と言えるでしょう。目頭切開にも何種類かの術式があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。また大きく切り開けば良いというわけではなく、術後の目の形を予測して正確にデザインすることが重要です。技術力の高いクリニックを選び、十分にカウンセリングを受けてから手術するようにしましょう。もし元に戻したくなったら、蒙古ひだを形成する手術もあります。